本文へ移動

感染警戒期における特別警戒期間の終了及び感染警戒期の継続に伴うスポーツ少年団活動の実施について

 令和3年3月1日をもって、愛媛県の感染警戒期における特別警戒期間が終了したことを受け、少年団活動については下記の点に留意しながら健康観察や感染症対策を徹底して実施されますようお願い申し上げます。
 なお、各団においては、感染警戒期が継続されることを踏まえ、引き続き、気を緩めることなく感染回避行動の徹底を図るとともに、家庭内での感染予防や少年団活動外での生活についても継続して注意喚起をお願いします。

1.遠征・公式戦について
・全国大会及び四国大会については、県予選を勝ち抜いて、県代表又は四国ブロック代表として出場権を得た大会に限り、参加することを認める。
・上記以外の県外への遠征(大会・練習試合・合宿など)については、禁止を継続する。
・県内・市内での競技団体主催の県大会等の公式戦については、十分な感染症対策を講じた上で、指導者の判断のもと、保護者の同意を得て参加すること。

2.練習試合について
愛媛県内を対象としたものは認めるが、集まるチーム数を最小限にすること(極力2チームで実施するのが望ましい)。
・可能な限り短時間で実施し、試合時以外は他チームとの接触を避けること。
・特に会食での感染が懸念されることから、昼食時の感染症対策を徹底すること。
・練習・試合時以外は、会場への移動時を含め可能な限りマスクを着用させること。
・健康観察を徹底し、体調不良者は練習試合に参加させないこと。

3.単位団活動の自粛について
各学校から、保護者に新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、「お子様ができる限りご家庭で落ち着いて過ごせる」旨の協力依頼が「MACメール」で届いた場合には、単位団活動につきましても、自粛のご協力をお願いします。

※単位団活動は、3密環境が揃いやすいことから、感染回避行動の再度の徹底をお願いします。
※今後の感染状況により内容を変更する場合がありますのでご了承ください。
3
4
5
4
8
0
TOPへ戻る