本文へ移動

少年団活動における感染回避行動の徹底及び報告について

 新型コロナウイルスの感染状況は、全国的に縮小傾向にあり、県内の警戒レベルは「感染縮小期」で第5波はほぼ収束した状況とのことですが、県内では、陽性確認がない日は続いておらず、完全に安心できる状態ではないとともに、第6波への備え・対策も必要であることから、団員活動においては、10月22日付の通知のとおり、引き続き、気を緩めることなく感染回避行動の徹底をお願いします。
 また、感染拡大防止や関係機関への情報提供のため、団員をはじめ指導者、保護者等を含めた関係者がPCR検査等を受診した場合、濃厚接触者や陽性者と判断された場合は、直ちに、団員が通学している学校、団活動で使用している施設を管理する学校及びスポーツ少年団本部に報告をお願いします。
3
9
8
5
6
0
TOPへ戻る